髪の悩み ミノキシジルの魅力は、発毛と脱毛の予防を同時に行ってくれる点にあります。
本来、発毛や育毛に関する対策は脱毛作用と別々に分けて考えなくてはいけません。
発毛や育毛を促す薬と、脱毛作用を抑える薬を併用して頭皮の状況を改善していくことが普通だからです。
一方で、ミノキシジルに関しては一つの成分で二つの作用を同時に発揮してくれるため、面倒な対策を行わなくても良いメリットがあります。

ミノキシジルは、既に世界各国の約90以上もの国で認められている効果の高い成分です。
誤解をしてはならないのは、ミノキシジルは製品の名前ではなく成分の名前であるということです。
この成分が含まれている医薬品を利用すれば、頭皮に対する発毛や脱毛の進行を予防することができるということを前提として覚えておきましょう。

ミノキシジルが配合された医薬品についてはこちらのサイトを参考にして下さい。
ミノキシジル -@通販

ミノキシジルの作用機序とは

頭皮を気にする男性 ミノキシジルは、乱れている患者の頭皮のヘアサイクルを元に戻すことを目的として開発されたものです。
作用機序としては、毛包という部分に直接的に作用し、頭皮に存在している細胞の活動を活発化させ、髪の毛の育毛や発毛に重要なたんぱく質の合成を促進させる作用が存在します。

人間の体毛には、ヘアサイクルという周期が存在します。
これは、髪の毛に限定されず人間の体毛であるのならば例外なく存在し、このサイクルが乱れると人間は脱毛症になってしまいます。

ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の三つに分けることができ、これらの周期は数ヵ月から長ければ数年という周期で繰り返しています。
通常の人のヘアサイクルは、成長期から髪の毛の成長が止まって脱毛する休止期まで順調に周期を送った後、また成長期に帰ってきて発毛を行います。

多くの人は、体毛を放置しておいたとしても一定の長さまで成長するとそれ以上は成長しません。
これは、ヘアサイクルが正常に働いている証拠でもあります。
成長期を過ぎて退行期に向かうと、正常なヘアサイクルの人はその時点で体毛の成長が鈍化するため、次の発毛に向けて準備を始めます。
こうした綺麗なサイクルが存在する限りは、人間は脱毛症になりません。

頭皮の場合は、髪の毛は毛穴から成長を始めますが、頭皮に存在する全体の髪の毛の約8割近くは成長期の髪の毛であると考えられています。
つまり、本来の頭皮の髪の毛のバランスは成長期が8で、休止期や退行期が2のバランスでなくてはいけません。
この正常なバランスに戻すことがミノキシジルの作用機序です。

ミノキシジルには、頭皮に存在する細胞の活性化によって細くなった髪の毛がどんどん太くなっていく作用機序があります。
毛髪の成長は毛包の働きによるところが大きく、ミノキシジルによって毛包が活性化すると自発的な力によって髪の毛の成長を活性化させる作用機序が働きます。
薄毛の人は髪の毛が軟化して細くなりますが、ミノキシジルの効果によって毛包が刺激され、どんどんその状態を改善できるわけです。
こうした効果をミノキシジルの作用機序では、ディープグロース効果と言います。

毛包は、ヘアサイクルの中でも休止期に入ると急速に活動を弱くさせてしまいます。
ヘアサイクルがおかしくなってしまうと、休止期から成長期に向かうことができないようになります。
ですから、休止期に入って活動を低下させている毛包の働きもずっと弱いままになってしまい、この影響によって自然と髪の毛の脱毛数が多くなります。
そのため、ミノキシジルを使うと毛包の働きが復活して、効果の高い発毛や脱毛の予防を実感できるわけです。

また、ミノキシジルは血流の動きを良くする効果も確認されています。
そもそも、ミノキシジルは元々血管の拡張作用を期待されて開発された成分であるため、血管の拡張作用に関しては開発の段階から予想されていたことです。
そのため、血圧を若干変化させる作用も開発段階から存在します。

血流や血圧の状況を変化させることは、髪の毛の成長にとって重要なポイントであると考えられています。
これは、髪の毛に必要な栄養分が血液の流れに乗ってやってくるからです。
血流や血圧が正常でないケースでは、体内に十分な栄養分を運ぶことができなくなってしまいます。
特に、血圧の状態はとても重要で、血圧が正常値でない場合には血流の動きも自然と悪くなるので、ミノキシジルでこのポイントを改善することも非常に重要です。

ミノキシジルは、錠剤ではなく患部に塗布するタイプのものであるため、身体全体に対する血流や血圧の改善を求めるわけではありません。
ポイントを絞って状態を改善することを目的としていますので、効果が高く効率的であるというメリットがあります。
発毛と脱毛の予防が同時にできるのも、ミノキシジルの効率的な効果によるところが大きいです。

ミノキシジルの効果はどのような症状に効果がある?

ミノキシジルの効果は、壮年性脱毛症という症状に対して発揮します。
壮年性脱毛症は、通常の人と比較するとヘアサイクルの間隔が短くなっている症状のことを意味します。

正常なヘアサイクルの人は、1日で脱毛する本数はだいたい50本から100本程度で収まるのですが、壮年性脱毛症になってしまうとそれ以上の脱毛数になります。
髪の毛は、脱毛したとしても正常なヘアサイクルであるのならばすぐに発毛を開始しますので何の問題もありません。
しかし、壮年性脱毛症の場合にはヘアサイクルがそもそも乱れている状態なので、一度大量に髪の毛が抜けてしまうとその後の発毛を期待することができないという難点が存在します。

壮年性脱毛症を見極めるポイントとしては、毛髪が柔らかくなる点が挙げられます。
人間の髪の毛は、成長期に毛髪が成長すると強くしなやかな毛髪に成長します。
一方で、成長期に十分な成長ができず、そのまま退行期や休止期に向かってしまう毛髪の場合は、髪の毛が弱くて柔らかい状態になってしまいます。
髪の毛は頭皮の毛穴から成長しますので、細くて弱い髪の毛になってしまうと毛穴で髪の毛を支えることができなくなり、自然と抜け毛も大きくなります。

こうした状況は、毛包のミニチュア化という表現で言い表されます。
成長期の毛包が成長することなくヘアサイクルが進んでいくと、後のサイクルにも大きな影響を与えて頭皮に存在する髪の毛がほとんど弱くなってしまいます。
成長期が8で退行期や休止期が2という髪の毛のバランスを取れなくなってしまうわけです。
こうなると、ミノキシジルによる医薬品の対策しか効果を発揮できません。

壮年性脱毛症のタイプは一つではなく、ミノキシジルを利用する際には患者がどのタイプに属しているのかを分別しなくてはいけません。
一般的に、壮年性脱毛症はI型からVI型まで存在しますので、表を見比べて患者自身で頭皮の状況がどのようになっているのかを確認する必要があります。
脱毛症が初期の状態から中期の状態に移行するまでの流れも異なるので、それぞれ比較検討することが重要です。

また、脱毛症の見極めは男性だけではなく女性にとっても重要です。
基本的に、育毛剤や発毛剤というのはヘアサイクルへの影響を考慮して男性に対して開発されることが多いのですが、実はミノキシジルに関しては女性も使うことができるメリットがあります。
これは、他の発毛剤や育毛剤と大きく異なっている利点の一つです。
女性も、壮年性脱毛症を起こすことがありますので、症状が出ているときには適量を利用することで症状を改善できます。

ただ、女性の場合は男性と違って頭頂部を中心に脱毛する傾向が強いので知っておくとわかりやすいです。
男性の場合はI型からVI型の壮年性脱毛症に分けることが可能でしたが、女性の場合にはそうした分け方がありません。
例えば、男性の場合は前頭部の生え際の後退などはわかりやすい脱毛症の症状なのですが、女性の場合にはこうした症状を確認できません。
頭頂部から全体に薄毛が広がっていき、最終的には地肌が見えるようになるので覚えておきましょう。

男性用と女性用のミノキシジルの用量に関しては医薬品ごとに確認することがとても大切です。
女性も壮年性脱毛症になるとは言っても、男性と比較すると症状が軽いことが多く、男性と同じだけの用量を使う必要がありません。
どうしても用量に関してわからない場合には、医師に相談することで適切な量を教えてもらうことが可能なので、迷うときは相談することも大切です。

壮年性脱毛症の抜け毛は、日常生活のストレスや仕事と異なって患者の男性ホルモンのバランスやそれによる脱毛を促進させる物質の影響が強いです。
そのため、男女で一緒に考えずにその人の身体的な状況を加味して、最もミノキシジルの効果を体感できる製品を選択することが重要です。

ミノキシジルはどれくらいの期間で効果を実感できる?

ミノキシジルを利用して発毛や脱毛作用の予防の効果を実感するためには、ミノキシジルの継続的な長期投与が不可欠になります。
臨床試験の評価や医師の評価として利用されている期間としても、24週と52週という期間が用いられています。
つまり、使用期間に関してはだいたい半年から1年程度の継続的な期間で効果を実感できます。

なぜ半年から1年程度の使用期間で効果を実感できるのでしょうか。
これは、継続的な使用とヘアサイクルの期間に関連性があるからです。
髪の毛のサイクルは、数日から数週間という短い期間で成り立っているわけではなく、そのほとんどは数ヵ月から数年という単位で成り立っています。
そのため、ミノキシジルで効果を体感するためにはヘアサイクルに合わせた継続的な使用期間に設定しなくてはいけません。

仮に、ミノキシジルを含んだ医薬品をクリニックで処方してもらった際には、一般的には4週間ごとにそれぞれの項目に合わせて効果を見ていくことが普通です。
評価としては著明改善、中等度改善、軽度改善、不変、悪化の5つの評価が与えられます。
この4週間後のデータを見ていって、将来的に効果を実感できる期間がだいたい半年から1年ということになっています。

これは、臨床試験の段階で統計的なデータとしても結果が出ていますので信用性は高いです。
半年までミノキシジルを使用し続けた患者とそうではない患者の間では効果に大きな差が存在し、それからさらに継続的に利用し続けていくことによって実に約9割以上の患者が効果を実感できたと回答しています。

効果の実感としては、脱毛作用を抑えることができたという結果と髪の毛を増やすことができたという二つの結果から確認していかなくてはいけません。
例えば、髪の毛の本数が増えたことに関しては、1平方センチメートルあたりにおいて、使用してから4週間後に約1本ずつの割合で髪の毛が増えていくことがわかっています。
これが倍の8週間後には19本から20本となり、半年間の24週間が終わるころには約22本にまで増えていきます。

1平方センチメートルあたりでこれだけの本数が増えるので、全体傾向で見るとかなりの本数が増えていることを確認できます。
また、本数が増えるのと同時に太さが変わっていくのも確認することができます。
太さの確認に関しても1平方センチメートルで見ていくことが大切で、使用期間が半年を超えると見た目の太さは大きいと2倍程度にまで跳ね上がります。
本数が増える上に太さも大きくなることが立証されています。

このように、ミノキシジルの効果を実感するための期間としては最短でも半年間は見ておくことが重要です。
医薬品の中に含まれているミノキシジルの用量はかなり異なりますので、どの製品が頭皮に合っているのかを確認することも大切です。
特に、長期的にケアを続けていこうと考えている場合には含まれている量によって医薬品の価格が異なりますので事前に調べておくことです。

また、ミノキシジルを利用してクリニックでカリキュラムを組んだ治療を進めていくときには、さらに長い期間を使ってゆっくりと治療を進めていくケースもあります。
ミノキシジルが含まれている製品そのものは一般市場でも購入することはできるのですが、クリニックで利用する場合には頭皮の治療のカリキュラムの一環として薬を提供することになるので、全体の治療と合わせて薬を利用していくことが通常です。

この場合だと、ミノキシジル一つで全ての治療を行うのではなく、他の薬と併用して治療を進めていくことも考えられますので、それぞれの薬の効果を考慮してゆっくりと利用を検討していくケースが増えます。
ですから、クリニックでミノキシジルを利用するときには担当医の説明を聞いてその通りに治療を進めていくことが重要です。
個人的に利用する場合には、半年から1年を目安として効果が出るように対策をすれば良いでしょう。
普段頭皮のかゆみが顕著な人は頭皮のかゆみを意識して利用し、何かいつもと違った症状が出る場合は医師に相談してみましょう。

おすすめ記事